車の買い替え時期とは?

車の買い替え時期で一番顕著な例は、事故車です。
不注意で車のフロント部分が大破した場合など、修理するにしても費用が高くつきます。そうした場合、まさに車を買い替える時期と言えます。大がかりな車の修理費は、かなり高額になります。もしエンジン部分を交換するとなると、車を買い替えるのと同等の金額が必要になってきます。そこまでお金を費やすなら、車を買い替える方が利口です。長年乗っていて、車の燃費が悪くなってきた時も、買い替えの時期です。燃費を気にして車を買い替える場合は、ハイブリッドなどのエコカーを選ぶと良いでしょう。車の買い替え時期で一番多いのが、やはり、走行距離です。大体、走行距離が10万キロくらいになると、あちこち痛んでくるので、車の買い替え時期の1つの目安になります。
走行距離が多くなると、色々とメンテナンスする必要が出てきます。修理費に大きな金額をかけるなら、いっそ新しい車に買い替えるほうが得策です。車検をする前というのも、買い替え時期になりすます。車検代に20万円かけるなら、それを頭金にして買い替えるほうが無難です。

 

≪ TOPページへ戻る ≫