車査定のメリット・デメリット

中古車を処分する方法はいくつかありますが、いま一番一般的なのは、中古車買取り業者に査定をお願いし、買取ってもらう方法でしょう。

 

ほとんどの人がこの方法で現金を得、車を手放すなり新しい車を購入するなりしているようです。しかし、何でもそうですが、中古車買取業者に査定をお願いする方法にも、メリットとデメリットの両方が存在しています。買取り査定を利用したいと思うのなら、メリット・デメリット、双方をよく理解したうえで臨む必要があります。
まず買取り査定のメリットですが、確実性と安全性があげられます。専門家が相場に基づき適正に価格を設定してくれる中古車買取り業者の査定は、極端に低い査定をつけられたり、強引に車を引き取っていかれたりする可能性はほとんどありません。全国区で名前の知られた業者が多いので、偏りのない、全国平均的な査定を得られると思っていいでしょう。

 

一方、買取り査定のデメリットは、次に車を購入するまで、車のない期間ができてしまうことにあります。新しい車が届く時期と、いまの車を手放す時期がどうしてもずれてしまうためです。ディーラーに下取りをお願いすれば手続きは一度に済んでしまいますが、買取り業者にお願いした場合、まずはいまの車を処分する手続きをし、そのあとで新しい車の購入手続きをする、と二段階に渡って煩雑な作業をする必要がでてきます。

 

≪ TOPページへ戻る ≫