車売る 下取り 買取

車の下取りと買取の違い

中古車を手放す方法はいくつかあります。
友人や知人に譲ったり売ったりする方法もその一つですが、ほとんどの人は下取りにだすか買取をお願いするのが普通でしょう。下取りとは、あらかじめ特定の店で新しい車を買うことが決まっている人にのみ有効な方法です。その店のディーラーにお願いして、自分の車を査定してもらい、次に購入しようと思っている新しい車と中古車の査定額を相殺してもらうことになります。新しく購入する車の金額の方が高ければ、その差額分のみを支払い、新車を手に入れます。その代わり、中古車を売り上げた金額が手元に入ってくることはありません。

 

一方、買取りは、中古車を売って、その金額をそのまま全部受け取る方法です。受け取ったお金の使い道は自由で、時間をおいてから新しい車を探してもいいし、全く別のことに使ってもよし。緊急に現金が入用な人、車の所持をやめる予定の人、じっくりと新しい車を探したい人などに適した方法です。
また、下取りは、新車が手元に来ると同時に中古車を引き渡せばいいので、車がない期間が一時でもあると困ると言う人に向いています。買取りは、どうしても引渡しと新車購入の間にブランクが生まれてしまうので、車がないと困る人には不向きだと言えるでしょう。

 

≪ TOPページへ戻る ≫